勉強道具

新しい資格であるnlpとは|コミュニケーションが円滑になる

合格確率をぐっと上げる

婦人

高度なスキルを身に付ける

言語聴覚士になるためのルートは大きくふたつに分かれており、大学・短期大学に進むパターンと専門学校に進むパターンから選びます。国家試験に合格しなければいけない点は同じですが、両者の最大の違いはカリキュラムの面です。大学や短期大学の場合には言語聴覚士の授業のほかに語学といった教養科目の単位も取る必要があります。一方、専門学校のカリキュラムの中には基本的に言語聴覚士に必要な事柄しか含まれていないため、国家試験に向けて効率よく対策を取れるのが特徴です。また、カリキュラムの関係から専門学校は在籍する期間が2年と短くなります。そのため、学費や生活費といった諸経費がかかりにくいのもメリットのひとつです。大学で勉強する場合には最短でも3年は必要になるため、専門学校に通う方法に比べると数十万円以上の差が出ると言われています。なかには学費の負担を和らげるためにアルバイトに打ち込む学生もいるため、言語聴覚士になるための勉強時間が少なくなる場合があります。しかし専門学校であればお金の心配をせず、思う存分言語聴覚士の勉強に集中できるわけです。奨学金制度も充実しているため、学費に困ったら利用するのも良いでしょう。言語聴覚士は障害を持つ方の生活をサポートする非常に重要な仕事であり、それ故にかなり高度な知識や技術が要求されます。そのため、国家試験に確実に受かるためには一生懸命勉強に励む必要があるのです。そのような意味でも、専門学校は最適な環境だと言えます。