男の人

新しい資格であるnlpとは|コミュニケーションが円滑になる

合格確率をぐっと上げる

婦人

言語聴覚士になるルートには大学や短期大学に進むパターンがありますが、カリキュラムの充実度を考えると専門学校の方がおすすめです。また、専門学校は在籍する期間が2年と最短なので、生活費などを最小限に抑えられて経済的です。

幅広い知識を学べます

大学生

社会福祉士になるためには、福祉系の学校で学ぶ必要があります。新潟県内にも社会福祉士になるための専門学校や大学があります。特に大学では講義や実習、更にはゼミを通じて、社会福祉について幅広く学べるようになっています。

コミュニケーションの改善

男女

人の心を読み取る学問

周りの家族や部下、上司などとのコミュニケーションや記憶力があまりよくないといった悩みを抱えている人も沢山います。そういう方々におすすめしたいのがnlpという学問です。nlpとはneurolinguisticprogrammingの略称で日本語では神経言語プログラミングといいます。このnlpとは人間は外界の情報をどのように処理したり記憶したりするのかを学ぶ物です。これを学ぶことにより効果的な脳の使い方やコミュニケーションのコツ、深層心理の動きを知ることができます。これにより効率的に仕事をしたり部下の管理も簡単にできます。このnlpとは何かを考え出したのがアメリカのとある言語学者と同じくアメリカの心理セラピストの方です。この理論を元に精神病の治療も行われています。このnlpとはどんな物を学ぶのか二つ紹介します。一つ目はリフレーミングという心の習慣やとらえ方などを変えることを目的とした物です。例えばストレスの原因となるストレッサーのとらえ方を変えることによってストレスとならないようにすることができます。二つ目はラポール。ラポールとはフランス語で架け橋という意味です。これは心理カウンセラーや催眠術師になりたい方には重要な要素で人と人との信頼関係のことをいいます。これをうまく形成することができればカウンセリングもうまくできますし、催眠術も相手にかかりやすくすることができます。逆にこれを形成できなければカウンセリングも催眠術もうまくいきません。

方針の違いが授業にも反映

カウンセリング

言語聴覚士を目指す人が増えているため、専門的に勉強できる学校が増えてきていますが、教育方針によってカリキュラムが異なります。そのため、どのような職場で働きたいか決めた上で学校を選ぶ必要があります。